起業日記

えっ、そうなの?役員報酬は「給料」と違って簡単に上げることはできない。

サラリーマン時代の「給料」は、結果を出せばホイホイと昇給させることは可能。つまり社員側にとってこの昇給は「もっと頑張ろう!」と思わせる人参のようなもの。ところが、経営者となってくると話は違う。経営者の場合、給料では無く「役員報酬」となるのだが、基本的には毎月固定された額しか貰えないのだ。「今期は相当儲かったから、報酬を上げよう!」なんて簡単に出来ない。

役員報酬額を決めれるのは基本的に年1回

利益がでたからといって期の途中で報酬を上げるとなると「脱税行為」と疑われる可能性が高くなる。役員は会社の数字を調整できる立場にあるため、利益がでたからといってその都度役員報酬を高くしていくと、会社としての利益は少なくなり、法人税も少なくなっていく。

 

だから自分たちの報酬となる数字に関しては年に1回しか調整することはできないのだ。つまり、今年の役員報酬は○○○万円で行こうと決めたら1年間はその金額で続けなければならない。

役員報酬の減額についてはいつでも調整が可能

ところが、経営不振となったり、先行きが不透明になってきた場合に役員報酬を減額させるっていうことは容易にできる。

役員報酬を減額させるってことは会社の存続のためだし、もしかしたら役員報酬を減額させることで会社の利益が確保でき、法人税も払える状態になるかもしれないってことで国の利益に繋がるから認められるのだろう。いままさに役員報酬を確定しないとイケないという人にアドバイスをするとすれば、「役員報酬は高く設定しておけっ!」ってこと。

今後1年間その役員報酬でいかなければならないのであれば、予め、高めの利益設定を行った上で、役員報酬を設定した方が得策。もし、経営上、キャッシュフローに問題が発生してきたら「役員報酬の一部未払い」にしたって良いし、「役員報酬の減額」に切り替えれば良いのです。役員報酬を高めに設定しておけば、各役員のモチベーションだって上がるし、一端上がった報酬を減額させたくはないからめちゃくちゃ必至に働きますよ。

関連記事

  1. 起業日記

    ついに役員を辞任しました。今年の大きな目標を一つ達成です。

    今年2月の後半に、会社を辞めたいと社長に伝えたところ、訳の分からない理…

  2. 起業日記

    会社役員の年収って高いの?実際どんな感じ?

    「取締役」って肩書き上は立派。これはあくまでも肩書きだけの話。…

  3. 起業日記

    起業すればわかる。サラリーマン時代とは全然違う世界が見えてくる。

    業種にもよってくると思うが、サラリーマン時代にできる人脈というのは取引…

  4. 起業日記

    こうなりたい、これはやりたくないリストを作ってみた。

    今年の初めに抱負を書いたのは達成したので、今後自分がどうなりたいのかを…

  5. 起業日記

    零細企業が社員雇用をするっていうのは雇う方も雇われる方もギャンブルに近い。

    起業してから困ったのは社員を雇うと言うこと。「人を雇う」という…

  6. 起業日記

    一番怖いのは未回収というリスク。料金を回収するまで気は抜けません。

    起業するまで、あまり意識をしていなかった料金の回収作業。サラリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

  1. プライベート

    スニーカーや靴を乾燥機に入れてはイケない理由。
  2. プライベート

    私が「はてなブログ」から「ワードプレス」へ引っ越した2つの理由。
  3. 起業日記

    責任感と行動力の無い、最年少の大株主Bさんの特徴とは。
  4. 起業日記

    製品販売の場合は「直接販売」できるスキームはマストです!
  5. プライベート

    5秒後の広告スキップをしたくなくなるNikeのショートムービー「The Swit…
PAGE TOP