起業日記

起業したメンバーがウザすぎる。だから自分ですべてやってみた。

自分でもよくこの二人とやってるなーと関心しているのだが、やっぱりこの二人と一緒に仕事をすると自分が壊れてしまうと考えるようになってくる。起業してから数年間、会社としての実績がでてきたのは自分の貢献が極めて大きいと自負しているほどだったので、表面上Bさんを味方に付けながら私も晴れて株主となった。

そこで、今度は自分だけで完結できるようなビジネスを作り出してみた。

自分でやった方がはやいんじゃないか?

まずは前職で培っていたノウハウをもとに製品を開拓。自社内にはエンジニアがいないので、製品開発はもちろん外注。そして、Webサイトやプロモーション、営業、サポートも全て私一人で行うことに。数ヶ月の時間はかかったものの、なんとか販売網も開拓してWeb展開も上手くいき、今では会社の柱となってきている。私の年収分の利益は確保できてきた。

そして、Bさんが企画している製品についても私がメインに売上を上げているのでホントにAさんの存在は無くても良い状態になってくる。

会社で一番強い立場はゼロから売上を上げる人間

会社の売上は、製品やサービスがあってはじめて成り立つ。営業マンがいくら売上を上げても、それは売る物があるから。そしてその売り上げの元となる製品やサービスには製品担当者(企画者)が存在するのだ。そのため、営業マンの成果=製品担当者の成果という考え方もできる。そうなると、Bさんのように営業のできない人間でも、デカい顔ができるのだ。

だから今回のように、ゼロの状態から一人で製品化まですすめ、Webサイトの構築や営業も自分一人で行えるようになってくるともう他のメンバーは私に対して何も言えない状態に。

だから考える。Aさんを切ろうと。

関連記事

  1. 起業日記

    マジで窮屈な組織から解放されたくて会社役員を辞任すると社長に言ったら。

    今週1週間はマジでモヤモヤ感満載の1週間でした。以前から記事にしている…

  2. 起業日記

    「裏切り?」いいえ当然の判断です。常にリスクヘッジを怠るな。

    起業前、取引先の担当者とは「今度、独立して会社を興すので宜しくお願いし…

  3. 起業日記

    スタートアップ時の出資比率は慎重に!起業して分かった資本主義の世界3つのポイント

    実は私、起業時には出資金を出していません。なので、他の2名が資本金を折…

  4. 起業日記

    出来ないヤツを図に乗らせたのは誰?それはチキン過ぎた自分だったって話。

    数年前の小栗旬と石川さとみ主演のドラマ「リッチマンプアウーマン」って知…

  5. 起業日記

    フリーランサーとなって1ヶ月。実感した7つのポイント(生活の変化・考え方など)まとめ。

    個人事業主として活動をしだして1ヶ月が経過しました。この1ヶ月、事業の…

  6. 起業日記

    えっ、そうなの?役員報酬は「給料」と違って簡単に上げることはできない。

    サラリーマン時代の「給料」は、結果を出せばホイホイと昇給させることは可…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

  1. プライベート

    価格は安いが買い物が楽しくない店舗とちょっとだけ高いが活気のある店舗、あなたはど…
  2. 起業日記

    辞めていく出資者(役員)の株式を買い取るときの手段とそのデメリットとは。
  3. 起業日記

    複数のメンバーで起業すると必ず出てくる問題点とは。
  4. ビジネス

    今後はフリーエージェントスタイル的な取り組みが本格化していくんだろうなと思う。
  5. プライベート

    蒙古タンメン中本の「北極」に挑戦してみた。明日のおしりが怖すぎるっ!
PAGE TOP