起業日記

株主に対して義務を怠る社長への制裁を目論むフリーランサーな私。

さて、2016年3月に会社役員を退任しフリーランサーになった私ですが・・・実は、その会社の約30%弱の株式を保有する「株主」であります。経営を退きはしたものの、未だ起業した会社との関係は繋がっています。ただ、以前と違うのは大株主であるアホ社長に対して出資している株主なので、経営責任は負わずに重要決定事項に対して意見を言うことができる立場にあるって事。

そもそも私が役員を退任した本当の理由は大株主のバカな社長が大嫌いで、もう図に乗らせるのもイヤになってしまい、二人でいると精神的に参ってしまうようになっていたから。とにかくコイツの鼻をへし折りたいという思いが強かったですね。私が上げる利益でアイツを喰わせているようなもんなので、とにかくアイツから離れたかった訳です。

株主総会の招集さえ通知されてこない

これは、役員を退任したときからこうなることは分かってた。

まずおさらいをしておくと、今、社長としてやっているヤツは他人に厳しく自分に激甘な人間。「こういうことをやりたい」と思ったら、自分では全く動かず他人にやらせるタイプ。でも、私が他のタスクで手が空かないから自分でやってって言うと、結局、「これはやってもメリットがなさそうだ」と言って実行に移さないヤツ。

なので、株主総会の招集もきっと面倒くさいと言って「やったことにしている」っていうことは容易に想像できていました。

(株主でもあり、創業メンバーでもある私は、一応会社の動向は知人を経由したりホームページを見て把握しているが、どうもやっていることがちんぷんかんぷん。以前私が在職していたときに言っていたこととまるで逆のことをやっていて、おそらく経営的にはあまりよろしくない状況と推察)

既に退任してから2回の決算期を経過したわけですが、その社長からは一切音沙汰がありません。おそらく今年の決算後も無いでしょう。(逆に無い方が、あとあと都合が良いのでそれをのぞみますけどね)

長年一緒だったから相手の出方は想定できる。

例えば、私から「決算書を見せろ」と言ったとすると、アイツは「ちっ、めんどくせぇなぁ。」と考え、私の保有株式を買い取る交渉に出てくるでしょう。しかも格安で。

別に、私としては金が欲しいわけでは無く、アイツに対して制裁を加えたいだけなのでそんなことは許さない。仮に格安で株式を買い取る提案をしてきたら、逆にその価格でアイツの保有株式(全株式の約70%)をすべて買い取ろうと思っています。まぁ、手放すわけは無いとは思うが。

そして、なんだかんだ理由付けをして決算書や帳簿の閲覧を拒否してくるでしょう。

そうなったら私のバックになってくれるスポンサーと弁護士を加えて一緒に行動を移すのみです。

「株主総会決議の不存在」という切り札

大株主の社長が一人で経営をしている企業にありがちなのが、「株主総会をやったことにしている」ってこと。100%の株式を保有したオーナーがやるのであれば、問題が無いのだろうが、今回は違う。私が30%近くの株主を保有していますからね。

そうなると、例えば、勝手に役員報酬を上げたとしても、株主総会が手順に沿って行われていなければ、株主総会決議取り消しの訴えを起こすことで過去に遡ってその決議を取り消すことが出来ます。

そんな感じで、私が退任した後で勝手に報酬を上げたり、第三者を役員に迎え入れたり、会社の重要事項を勝手に決めていたとすれば、すべて帳消しする制裁を加えていきます。それで、会社が倒産したとして私の株式が紙くずになったとしてもしょうがない。アイツに経営能力が無かったということを痛感させることができればそれで良し。

あわよくば、アイツの株式全てを買い取って私がオーナーになるのもありですね。

関連記事

  1. 起業日記

    辞めてからも毎日のようにスパム電話をかけてくるバカ社長。

    さて、前の会社を辞めて半月以上が経過しました。が・・・引き継ぎはし…

  2. 起業日記

    零細企業が社員雇用をするっていうのは雇う方も雇われる方もギャンブルに近い。

    起業してから困ったのは社員を雇うと言うこと。「人を雇う」という…

  3. 起業日記

    起業したキッカケ。サラリーマンの方が良かったんじゃないかとたまに思う。

    私は5年前にメンバーと一緒に起業をした。そもそものきっかけは・・・…

  4. 起業日記

    一番怖いのは未回収というリスク。料金を回収するまで気は抜けません。

    起業するまで、あまり意識をしていなかった料金の回収作業。サラリ…

  5. 起業日記

    複数のメンバーで起業すると必ず出てくる問題点とは。

    3名で起業をすることになった私たちは、知人の紹介によって税理士さんと会…

  6. 起業日記

    えっ、そうなの?役員報酬は「給料」と違って簡単に上げることはできない。

    サラリーマン時代の「給料」は、結果を出せばホイホイと昇給させることは可…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

  1. 起業日記

    「裏切り?」いいえ当然の判断です。常にリスクヘッジを怠るな。
  2. 起業日記

    複数のメンバーで起業すると必ず出てくる問題点とは。
  3. ビジネス

    今後はフリーエージェントスタイル的な取り組みが本格化していくんだろうなと思う。
  4. 起業日記

    起業したキッカケ。サラリーマンの方が良かったんじゃないかとたまに思う。
  5. 起業日記

    起業メンバーが全員経営者になるとパワーバランスはぐっちゃぐちゃ。年齢差なんて関係…
PAGE TOP